ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 第8話

幼い頃、ルンペルは父マルコムと二人で暮らしていたが、マルコムは生来の怠け者で、賭けやイカサマで小金を稼いでは、すべて飲んでしまうという生活を送っていた。そんなマルコムがちゃんとした仕事を見つけると言い出し、ルンペルを二人の糸紡ぎ女に預ける。父親と離れることを不安がる息子に、マルコムは藁でできた人形を与え、「名前を付けろ 一緒にいれば寂しくないだろ」と言い聞かす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*