これが少年野球バッティング指導のリーサルウエポンだ!

今までに幾多の監督さん、お父さん方を救ってきた、少年野球バッティング指導のリーサルウエポンです!講師は元プロ野球選手で現役20年通算1142安打、108本塁打、513打点をマークし、更にはオールスターゲームにも2回出場したあの人です。

バッターボックスでは動く

少しでも体を動かしている方がより早く反応して体を動かすことができる

バッターボックスでピッチャーを睨み、ただジッと構えていたのではヒットを打つ確率を下げてしまいます。

よく少年野球や中学生の野球の試合を見ていると、どの選手も打席に入ると打席をならして、バットを構えて、ピッチャーをキッと睨みつけジッと投球されるのを待っています。

これでは、自らヒットを打つ確率を下げてしまっています。

そのことに本人はもちろん、監督さえも気づいていないのでしょう。

野球は、動→動のスポーツです。

人間はどうしても、静→動までには時間がかかります。

ピタっと止まっている状態から、いきなり体を動かすにはどうしても時間がかかってしまうのです。

ヒットを打つには、ピッチャーの投げる球に少しでも早く反応してバットを振る必要があります。

是非、プロ野球選手の打席での行動を注意して見てください。

必ず、体のどこかしらを動かしているはずです。

これは、ピッチャーの投げる速い球に少しでも早く反応できるようにしているためです。

守備にしたって、必ずプロ野球選手は体を動かしながら構えています。

それはプロ野球選手が、少しでも体を動かしている方が、より早く反応して体を動かすことができるということを知っているからなのです。

これが少年野球でのバッティング指導のリーサルウエポンだ!

MENU

主なバッティングフォーム

関連用語

シェア・クリップ