これが少年野球バッティング指導のリーサルウエポンだ!

今までに幾多の監督さん、お父さん方を救ってきた、少年野球バッティング指導のリーサルウエポンです!講師は元プロ野球選手で現役20年通算1142安打、108本塁打、513打点をマークし、更にはオールスターゲームにも2回出場したあの人です。

主なバッティングフォーム(一本足打法)

フリー百科事典ウィキペディア『一本足打法』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/一本足打法

一本足打法(いっぽんあしだほう) とは、野球における打者のバッティングフォームのひとつ。

解説

投手の投球フォームに合わせ、投手側の足を高く上げる。その様子から「一本足打法」と呼ばれる。足を上げることによって、ボールを手元まで引き付けたり、タイミングを取りやすくしたりすることを目的とした打法である。上半身に頼らず、一本足の状態で体勢を崩さないことが必要であるため、強靭な下半身とバランス感覚が要求される。

王貞治に一本足打法を指導した荒川博は、駒田徳広ほか多くの選手に一本足打法を伝授しようとしたが、会得できた選手はほとんどいないという。巨人の監督を務めた川上哲治は一本足打法には否定的であり、王についてもボールをとらえるタイミングを会得すれば元のフォームに戻すと思っていたのに、引退まで一本足打法で貫き通した事には呆れさえ感じたと述べている。

一本足打法を使用するプロ野球選手

・王貞治 → 
  斎藤茂太は著書の中で王の一本足打法を指して、端的に言えば「美しいフォームで打つ打法」である
  と評している。王は他の選手に比べて特に高く足を上げ、その状態を長く保つ独特のスタイルであった
  ため、一本足の代名詞として「フラミンゴ打法」とも呼ばれる。
・田淵幸一
・池山隆寛
・吉永幸一郎
・岡崎郁
・門田博光
・山本和範
・藤本博史
・片平晋作
・浅井樹
・木俣達彦 → 
  グリップを極端に下げてからトップの位置に持っていくため、「マサカリ打法」と呼ばれていた。
・大豊泰昭
・佐々木誠
・田中幸雄
・立浪和義
・渋谷通
・高橋由伸
・中村紀洋 → 神主打法でもあるとされる。
・小久保裕紀
・松中信彦
・多村仁志
・ホセ・オーティズ
・田上秀則
・小斉祐輔
・栗山巧
・吉村裕基
・坂本勇人 → 中村紀同様、神主打法でもあるとされる。
・長野久義

これが少年野球でのバッティング指導のリーサルウエポンだ!

MENU

主なバッティングフォーム

関連用語

シェア・クリップ