これが少年野球バッティング指導のリーサルウエポンだ!

今までに幾多の監督さん、お父さん方を救ってきた、少年野球バッティング指導のリーサルウエポンです!講師は元プロ野球選手で現役20年通算1142安打、108本塁打、513打点をマークし、更にはオールスターゲームにも2回出場したあの人です。

主なバッティングフォーム(神主打法)

フリー百科事典ウィキペディア『神主打法』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/神主打法

神主打法(かんぬしだほう)とは、野球における打者のバッティングフォームのひとつ。

概要

スクエアスタンスで、バットを体の横、あるいは体の正面でゆったりと構える。

その形が神主がお祓いをする様子に似ていることから、「神主打法」と呼ばれる。

全身をリラックスさせた状態で構え、スイングの瞬間に全身の筋肉を動かすことで、より大きな力を発揮するという理論に基づく打法である(同様の理論はゴルフやボクシングなど様々なジャンルのスポーツで導入されている)。

長打が望める反面、バットコントロールが非常に難しい。

フォームの構造上、タイミングの見極めにも熟練が必要とされる。落合博満は「フォームの基礎を崩してしまうから野球少年達はマネをしないように」と述べている。

落合博満

神主打法の代名詞。年齢を重ねるとともに幅が狭まっていった。

落合のバッティングフォームは神主打法を使用する他の打者と比べても独特であり、これはプロ入り間もない頃に受けた松沼博久の徹底したインハイ(内角高め)攻めに対応するため、改良を重ねて編み出されたものである。

松沼は「最初のうち落合はインハイが全く打てず、ある時を境に苦手なはずのインハイばかり狙って振ってきた。そのうちインコースが投げ難い構え(神主打法)を編み出し、インハイを完璧にカットする技術を身に付けていた」と語っている。

これが少年野球でのバッティング指導のリーサルウエポンだ!

MENU

主なバッティングフォーム

関連用語

シェア・クリップ