これが少年野球バッティング指導のリーサルウエポンだ!

今までに幾多の監督さん、お父さん方を救ってきた、少年野球バッティング指導のリーサルウエポンです!講師は元プロ野球選手で現役20年通算1142安打、108本塁打、513打点をマークし、更にはオールスターゲームにも2回出場したあの人です。

主なバッティングフォーム(その他)

フリー百科事典ウィキペディア『バッティング』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/バッティング

バットの構え方や振り方(バッティングフォーム)には個人差があり、特に個性的なものには「○○打法」などの名称がつけられている。以下に主立ったものを挙げる。

クラウチングスタイル

打席内で上半身をホームベース寄りに前傾させ構える打法。ピート・ローズ、ランディ・バース、ブーマー・ウェルズなどが採用。

バスター打法

バントの構えから、自分のトップの位置に戻して打つ。長打は望みにくいがスイングがコンパクトになり、投手のリリースした球をよく見ることができるため選球眼が悪い打者には有効とされる。テイクバックが遅いと投球がよく見えても振り遅れることもある。中谷仁などが採用。

すり足打法

剣道のすり足の様に足を打席ですりながらトップを作る打法。下半身の動きが少ないため速球にも変化球にも対応しやすい。プロアマを問わず多くの選手が用いる打法。

ゴルフスイング打法(新田式打法)

小鶴誠がゴルファーでもあった新田恭一の理論を取り入れて習得した打法。アッパースイングではなく、ゴルフのスイングのように腰の回転を主導させる打法である[11]。
近藤和彦、松本哲也の天秤棒打法/天秤打法
バスター打法に似ているが、こちらはバットを体の前ではなく、横や後ろで構える。近藤和彦が剣道をヒントに開発した。

タフィ・ローズの水平打法

種田仁のガニ股打法

最初から体を極端に開いて構えるオープンスタンスの一種。

中登志雄のちょうちん打法

梨田昌孝のこんにゃく打法

バットを正面に立て、腰を落として力を抜き、全身を柔らかく動かしながらタイミングを取る。動きの奇妙さなどから非常にインパクトのある打法であった。テイクバックの際に手が下がってしまう癖があった梨田が、手が下がらない場所まで体を落とし、力を抜いて小刻みに動き、全身を安定させることで会得した。

片手打法

韓国の朴正泰(パク・ジョンテ、右打者)が行った打法。左手は左足太ももの付近に置き、右手一本でバットを構える。金本知憲は腕を骨折していた際、これに近い打法であった。

石井浩郎、中島裕之のぶった切り打法

八重樫幸雄の八重樫打法

前述のガニ股打法とコンセプトは同じ。こちらの方がより体が投手と正対する格好となり、極端である。

梁埈赫の万歲打法

阿部慎之助などのツイスト打法

緩急などで泳がされたときにボールを打った瞬間腰を逆回転させて体の開きを抑える打法。

ノーステップ打法(ノンステップ打法)

あらかじめ足を開き、ステップをせずにボールを打つ打法。アルバート・プホルス、T-岡田、岩本貴裕らが有名。

これが少年野球でのバッティング指導のリーサルウエポンだ!

MENU

主なバッティングフォーム

関連用語

シェア・クリップ