これが少年野球バッティング指導のリーサルウエポンだ!

今までに幾多の監督さん、お父さん方を救ってきた、少年野球バッティング指導のリーサルウエポンです!講師は元プロ野球選手で現役20年通算1142安打、108本塁打、513打点をマークし、更にはオールスターゲームにも2回出場したあの人です。

関連用語(流し打ち)

フリー百科事典ウィキペディア『バッティング』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/バッティング

流し打ち(ながしうち)は、野球におけるバッティングの方法のひとつである。 打者の利き腕の方向(右利きならライト方向、左利きならレフト方向)に打つ打法である。

通常は、右打者の場合はセンターよりレフト側(左側)、左打者の場合はセンターよりライト側(右側)に狙って打つ。これらの打ち方を引っ張りと呼ぶのだが、この逆の方向に打つことを流し打ちと言う。

一般に、引っ張った方が打球が強くなるが、流し打ちではボールをより打者側に呼び込んで打てるため、変化球などに対応しやすくなるなどの利点がある。

また、塁上の走者を三塁に進めるためや、ヒットエンドランなどの作戦から右打者が故意に打球をライト方向を狙うにおいても使われる。

特に右打者がライト方向へ打球を狙い打つことを右打ち(ライトヒッティング)と呼ぶ。

おっつけ

「おっつける」は「押し付ける」に由来しており、前方で打球を弾くイメージの引っ張りに対し、体に近いポイントで投球に逆らわずにバットを押し付けるイメージの流し打ちの技術を指すものであり、振り遅れてたまたま逆方向に打球が飛んだ場合や、振り切るスイングでしっかりとインパクトした逆方向への打法は「おっつけ」とは呼ばれない。

また、上記の作戦上の理由から右打者の右打ちの際に多用される技術のために右打者限定の用語と思う人も多く、解説でもそのように使われることもあるが、本来は左打者にも使用される用語である。

これが少年野球でのバッティング指導のリーサルウエポンだ!

MENU

主なバッティングフォーム

関連用語

シェア・クリップ