これが少年野球バッティング指導のリーサルウエポンだ!

今までに幾多の監督さん、お父さん方を救ってきた、少年野球バッティング指導のリーサルウエポンです!講師は元プロ野球選手で現役20年通算1142安打、108本塁打、513打点をマークし、更にはオールスターゲームにも2回出場したあの人です。

正しいバッティングフォーム

子供たちにダウンスイングを身につけさせてあげてください

息子さんをチームでなくてはならない存在にするためには、まずは正しいバッティングフォームを身につける必要があります。

だからこそ、バッティングセンターでもより遅い球で正しいバッティングフォームで練習する必要があるのです。

遅い球であれば、余裕をもってバットを振ることができますよね。

余裕を持ってバットが振れれば、正しいフォームで振ることも可能になります。

バッティングフォームとは、スタンスから始まってスイング、インパクト、フォローまでの一連の動作です。

でも全てをここでお話しても息子さんは、すべて理解して実践するのは難しいと思います。

なので、お子さんがバッティング技術を向上させるために最低限必要な要素をお話します。

1つ目は、スイングです。

正しいスイングさえ身につけることだけでもバッティング技術は飛躍的に向上します。

市販のHOW TO 本などには、レベルスイングを推奨しているのをよく見かけます。

スイングは今も昔もダウンスイングが理想です。

スイングにはアッパースイングとダウンスイングの二つにしか存在せず、レベルスイングというものはスイングのスタイルではありません。

どのプロ野球選手も周知の事実ですが、レベルスイングというのは スイングではなく、インパクト時のバットの傾き加減のことを指します。

に正面から見て、インパクトの瞬間にバットと地面が平行になることをレベルスイングといいます。

ですので、息子さんにはダウンスイングを身につけさせてあげてください。

なぜダウンスイングなのか?

それには理由があります。

先ほど、ボールの芯より少し下を捉えてボールにバックスピンの回転を与えることが打球をより遠くへ飛ばすコツであることはお話しました。

実は、アッパースイングよりもダウンスイングの方が、ボールの芯より少し下を捉えられるバットの接地面積が広いのです。

これが少年野球でのバッティング指導のリーサルウエポンだ!

MENU

主なバッティングフォーム

関連用語

シェア・クリップ